【高額療養費制度】高すぎる保険料、実はいらない??

ご訪問ありがとうございます

ぐっさんです!

今回は保険の見直しをしたい人必見です

所見の人でも分かりやすいようにまとめましたので

最後まで読んで是非役立ててください

目次

高額療養費制度とは

高額療養費制度とは

社会保険(公的保険)の1つで

医療保険の健康保険になります

普段の生活では

  • 窓口の自己負担3割
  • ☆一定以上の高額医療費の払い戻し☆
  • 出産時の一時金(42万程度)
  • 出産で会社を休む期間の保証(日給の2/3)
  • 病気やケガで働けない期間の保証(日給の2/3)

一番上の自己負担が減る制度は一度は利用しているはずです

今回は上から2つ目太字の部分になります

医療機関や薬局窓口での支払いに月ごと上限があり

それを超えた額は保証され支給される制度です

上限額は年齢や所得によって変わってきます

利用方法

限度額適用認定証を提示すればOKです

認定証は加入している公的医療保険に申請すれば交付されます

認定証を提示することで

窓口での支払いが上限額に応じた額になります

認定証がなくても

一度は満額払うことになりますが

支給申請をすれば限度額との差額が健康保険組合より支給されます

上限額

上限額は年収によって変わってきます

大半の方は年収370万~770万の枠になるのではないでしょうか?

すると自己負担額は

80,100+(総医療費-267,000)×1%となり

月9万円程度の支払いになります

多数該当というのは

3ヶ月以上(4ヶ月目以降)はさらに自己負担額は軽減されます

年収370万~770万の人は44,400円となります

高額療養費制度

引用 http://syakaihosyou.net/kegatobyoukinohosyou/kougakuryouyouhiseido.html

多数該当は4ヶ月以上入院等で高額医療費がかかる場合に適用される

注意点

月またぎの場合

月ごとに計算されるこの制度

では月をまたいだ場合どうなるのか?

例:1月15日~2月15日に入院した場合

  • 1月分→15日~1月末日
  • 2月分→1日~15日

この場合は高額療養費制度の恩恵が少なくなります

月をまたいで入院する場合は注意しましょう

試算月は入院から一ヶ月ではなく、あくまでその月計算(日数によらない)

自己負担軽減適用が優先

高額療養費制度は

自己負担3割後に適用か判断されます

〈条件〉年収500万円、医療費が20万円だった場合

20万×30%=6万円

自己負担額は6万円なので高額療養費制度は適用外です

〈条件〉年収500万円、医療費が30万円だった場合

30万×30%=9万円

自己負担額は9万円なので高額療養費制度が適用されます

ではどれくらい得なのか

9万円ー8万1000円(限度額)=9千円

が得となります

意外と少ないですよね

自己負担3割の制度が優先は安い方に落ち着くので気にしなくてもOKです

適用外の費用

入院した際などに適用外になる費用があります

それは

  • 食事代
  • タオル、衣服等

こちらはリースすると思いますが

この金額を差し引いた額で高額療養費制度を申請することとなります

耳より情報

マイナンバーが保険証の役割も持つニュース

聞いたことありますか?

平成29年7月より高額療養費の申請も該当しています

しかし低所得者のみという制限付きです

低所得者とは一般には年収300万以下を指すようですが

この制度に適用される年収は調べきれませんでした

早めに調べます、ごめんなさい!

※貼付台紙兼マイナンバー情報連携申出書は協会けんぽHPでダウンロードできます

まとめ

高額療養費制度は本当に高額時は重宝しそうですね!

しかし平均的な該当区分8万1000円は十分高額です

この制度があると踏まえた上で

一般の保険に加入するのか検討するのが良さそうです

  • 高額療養費制度は補助してくれるが自己負担限度額は高額
  • 一般の保険に加入し毎月支払いしていると結局貯金が貯まらない

この2つを天秤にかけ

みなさんの裁量で自己資産を守っていきましょう

健康第一です

  • お金があって不健康では意味がありません
  • 健康なのにお金があっても楽しめません

理想的な将来に向けてお金と向き合って

無駄な支出管理を抑えていきましょう!

みなさんの保険の見直しなどに役立てば嬉しいです

それではこの辺で

ぐっっっっ👌

ブログ村応援してね!

SWELL公式HP

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てと資産形成の両立を目指すサラリーマン
ストレスフリーな理想生活を夢見て
家のローンや奨学金返済、そして新幹線通勤と
多くの障害物に全力でぶつかっていく
リアルな一般社会人のブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる