【加湿空気清浄機】は一般宅に向いてない!理由を分かりやすく解説

ご訪問ありがとうございます

ぐっさんです!

みなさんの住居は持ち家でしょうか?賃貸でしょうか?

素敵な住処に欲しいアイテム上位に食い込むであろう【加湿空気清浄機】

しかし【加湿空気清浄機】は一般家庭にはおすすめできません!

その理由を徹底解説し、みなさんの住居をより素敵にするお力になれたら幸いです

この記事で分かること
  • 加湿空気清浄機のメリット・デメリットについて
  • 加湿空気清浄機の購入が向いている人
  • 空気清浄機と加湿器のおすすめ商品
目次

加湿空気清浄機とは

加湿空気清浄機とは名前の通り『空気清浄』と『加湿』機能を持ち合わせたアイテムです

空気清浄機能による花粉やPM2.5、ウイルスなどに対応しお部屋の空気を清潔に保ちます

さらに加湿機能により乾燥した部屋を加湿、花粉などを空気中に舞わない様にする等の効果があります

コレ1つでお部屋の快適性が保てる!

そう思うアイテムですが現実は甘くありません

知識を付けることで無駄な出費を防ぎ『本当の快適なお部屋』を手に入れることが出来ます

それでは次にメリット・デメリットについて解説していきます

メリット

コストを抑えられる

加湿空気清浄機は価格も下がり安い物ですと2万円前後でお買い求めいただけます

使用面積が広くなれば価格も上がりますが平均的に5万円しない程度の物を使用している家庭が多いと思います

同性能なものだと空気清浄機と加湿器を購入するより安価で済むことがほとんどです

加湿空気清浄機のコストパフォーマンスは素晴らしいものがあります

省スペース化できる

空気清浄機と加湿器を1つにまとめた加湿空気清浄機は省スペース化に繋がります

また空気清浄機も加湿器も空気の流れがあるところに置くのがベストです

そうなると部屋で置きたい場所戦争が勃発します

1つの場所に空気清浄機と加湿器を並べて置くよりも加湿空気清浄機1つ置く方が美しいですよね

この観点からもどの家庭にも愛される理由が見て取れます

ではなぜ加湿空気清浄機がおすすめ出来ないのか?

その理由を知ることで自分に合っているか確認できるので観ていきましょう

デメリット

構造が複雑でホコリが溜まりやすい

加湿空気清浄機は構造こそ複雑ですがお手入れには配慮されています

水タンクの下に手を掛ける所があるので引っこ抜けばズルッと出てくるイメージです

しかし画像を見て分かるように『角が非常に多い』です

ぐっさん

ここに結構ホコリが溜まるんですよ・・・

省スペース化のためには仕方ないかもしれませんが歯ブラシなどでホコリを取るのが大変です

出典:偏ったカメラレビュー (reviewkaden.blogspot.com)

加湿用フィルターを経由して空気が出てくる

加湿空気清浄機は取り込んだ空気をストレートに機内を通じて排出します

空気は加湿用フィルターも通じて排出されるので

加湿用フィルターを清潔に保たないと汚れた空気が出てしまう原因に!

空気を綺麗にするために設置してるのに元も子もないですよね

実際我が家の加湿空気清浄機くんの空気排出音がうるさくて1回引っこ抜きました

するととても静かに

ぐっさん

空気清浄に必要ない加湿フィルタを経由してるので音問題がありますね
あと引っこ抜いた隙間に手を突っ込んだら
大量の風が流れていたので経路は間違いないです

加湿フィルタを引っこ抜いた様子はこちらです

出典:ハコブログ | あたらしい知識を届ける (dosan-diary.jp))

加湿器は季節物

加湿機能は基本的に『乾燥する冬』や『花粉』の時期に使用します

年中使うという方はあまりいないのでは無いでしょうか?

加湿空気清浄機はすでに加湿機能が組み込まれているので加湿機能部分は清潔に保つ必要があります

加湿機能部分は水を扱うのでカビなど発生しやすいのでこまめな清掃が必要です

『頻繁に清掃するのは苦じゃないよ』

と言う方はOKです

しかし時間を別のことに使いたい方は一度考えてみた方がいいかもしれません

あくまで加湿機能は季節物です

加湿空気清浄機に変わる選択

加湿空気清浄機のメリット・デメリットについて解説してきました

ぐっさん

加湿空気清浄機のお手入れめんどくさい・・・
でも空気清浄機は置きたいよ!
どうすればいいの??

そんなときはシンプルに空気清浄機と加湿器を分けましょう

近年では空気清浄機も加湿器も個々で進化を遂げています

素晴らしい商品がたくさんあるので参考にしてくださいね

☆超楽ちん Airfree Platinum 125 空気清浄機

ヨーロッパ生まれのかわいい形をしたこちら

おすすめポイント
  • コンセントを差し込むだけで面倒な設定はなし!
  • フィルターがないのでメンテナンスフリー!
  • 超静音

サーモダイナミック(熱力学)浄化原理を利用した空気清浄機

空気中の細菌・病原菌・アレルギー物質・有害物質を99.99%除去

手入れが面倒な方や機械音が嫌な方におすすめの商品です

☆高質なデザイン ブルーエア 空気清浄機 Classic 205

おすすめポイント
  • コンパクトなサイズで広範囲の機能
  • Wi-Fiを利用して遠隔操作
  • フィルター清掃不要のお手軽メンテナンス(半年に1回要交換)

Wi-Fiに接続することで

  • 室内空気のモニタリング
  • LEDランプの明るさ調整(ナイトモード有り)
  • 屋外空気のモニタリング:地域に連動
ぐっさん

ついに屋外までモニタリングするようになりました
この機能を利用してPM2.5等いち早く察知できますよ

半年に1回フィルター交換が必要ですが普段のメンテナンスは必要ありません

☆全知全能 Dyson Pure Cool Link TP03

おすすめポイント
  • Air Multiplier(エアマルチプライアー) テクノロジー搭載
  • 360°グラスHEPAフィルター搭載でPM0.1レベルまで99.95%除去
  • Dyson Link アプリでオンライン操作可能

見た目から機能からパーフェクトですね

おそらくエアマルチプライアーがよく分からないと思うので簡単に説明します

ダイソン空気清浄機の空気の流れは

STEP
下部円筒フィルターで空気取り込み

フィルター部では活性炭による匂いや有害となる刺激臭を除去します

360°グラスHEPAフィルターはマイクログラスファイバーを200回以上折った高密度フィルターです

気流のスピードを制御し物理的にPM0.1レベルで空気を清浄します

STEP
エアマルチプライアーにより風圧向上

気流スピードを制御しているので風圧はどうしても下がってしまいます

そこにダイソンが特許を取得しているエアマルチプライアーテクノロジーを利用します

このテクノロジーにより気流はパワフルな風に変わり室内隅々まで行き届きます

ぐっさん

ダイソンが部屋にあるだけでかっこいい!
正直この発想は資産形成の天敵ですが、機能が伴っているならアリです!

加湿器は1択 Dainichi RXシリーズ

おすすめポイント
  • 加湿機能が強力
  • お手入れがかなり簡単
  • 長年デザインが変わらない(完成系モデルということ?)

人気テレビ番組『アメ●ーク』でも紹介されました

実際に使ってみて加湿機能は文句なし!

そして何より感動したのがお手入れの簡単さです

加湿タンクの下がまるごと引っこ抜けるので後は水洗い

作りもシンプルで一般家庭には最高の商品です!

デザインが変わらないのもこれ以上よくするところが見つからないと捉えられます

ぜひこの素晴らしさを体感してください

まとめ

いかがでしたが?

加湿空気清浄機が悪いというわけではありません

加湿空気清浄機をご家庭で使用する際はこまめな清掃が必須

清掃を怠っていると不清潔なフィルターを通して空気が出ている可能性あり!

仕事の時は割り切って掃除できるので職場には向いていると思いますが

自宅では極力メンテナンスは減らして自由に暮らしたいですよね

この記事がみなさんの快適な生活の役に立てば嬉しいです!

それではこの辺で

ぐっっっっ👌

ブログ村応援してね!

SWELL公式HP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てと資産形成の両立を目指すサラリーマン
ストレスフリーな理想生活を夢見て
家のローンや奨学金返済、そして新幹線通勤と
多くの障害物に全力でぶつかっていく
リアルな一般社会人のブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる