【ホットリンク 3680】投資家・ブロガー必見!SNS社会にドンピシャリで増益している経営戦略に注目!

スマホを持っている人は誰しも利用しているもの、そうですSNSですね

SNSの何が凄いのか?それは交流、ビジネス、教養と幅広い情報が手軽に、そして迅速に手に入る所です

ホットリンクはSNSのビックデータをデータ解析し、支援サービスを提供する起業です

決算を見ても売り上げは右肩上がりで今後が期待できそうなホットリンクを紹介していきます

目次

ホットリンクのレーダーチャート

ホットリンクのレーダーチャート

ホットリンクの経営戦略

概要

ホットリンクはソーシャル・ビッグデータによるビジネス展開をしています

ソーシャル・ビックデータが連動して活躍するフィールド

  • 政治:2013年にネット選挙運動が解禁
  • 金融:外資系ヘッジファンドが株価の未来予測に活用
  • 報道:マスメディアがSNSから話題を拾う時代に
  • 災害対策:東日本大震災では被害状況のシェアに貢献
  • IoT:各種センサーの情報を収集・解析でサービス向上に繋げる
ぐっさん

これからの時代ソーシャル・ビッグデータが鍵になるのは分かりますね!

アーンドメディアを武器に

アーンドメディアとはSNSなど第三者により情報が発信される外部メディアを指します

ホットリンクは各SNSに対して独自に拡散性を評価しています

主なソーシャルメディアの比較表
出典:ホットリンク公式

利用者数が多い事は大切ですが、一番重要なのは『拡散性』であり、Twitterは以下の点で非常に優れています

  • LINEに次ぐユーザー数である
  • ネットワークがオープンで、RT機能があり拡散性に優れている
  • データ収集できROIを改善できる

だからといってインスタグラムやフェイスブックが駄目という訳ではありません

ハッシュタグの活用等により有効なメディアとすることができ、そのノウハウをホットリンクは持っています

つまり、そのSNSの特性を理解して、適応した活用方法を見出すことが大切なんです

ここがポイント”ウルサス”

出典:ホットリンク公式

Google検索のアルゴリズムが変化し、良質なサイトでなければSEO対策をしても有効ではありません

打開策としてアテンション(認知)を広げる必要があります

アテンションを広げるのに有効なのがTwitter等のSNSです

ULSSASとは

SNS時代の新・購買行動モデルです

SNSが普及し、インフルエンサーと呼ばれる人気のユーザーが使用している商品が紹介されると、購買が促進されるようになりました

インフルエンサーというと『1対n』を想像するかもしれませんが、目指すは『n対n』です

※nはn数のことで、データの数を100取ったらn数=100のイメージです

起点は投稿や広告配信で、これにユーザーが「いいね!」を付けることでSNS内で拡散していきます

ユーザーも拡散の一旦を担うことでアテンションがどんどん広がっていくのです

ULSSASの流れ
STEP
U:UGC 認知

投稿や広告配信で認知してもらいます

STEP
L:Like いいね!

いいね!により投稿の自動拡散やリツイートを促します

STEP
S:Search ソーシャルメディア検索

いいね!が付いた記事を見ることで興味を持ったユーザーが指名検索します

STEP
S:Search2 Google、Yahoo!検索

商品について、物の情報や購入できる店舗の検査が増えます

STEP
A:Action 購買

ネット注文または店舗で直接購入します

STEP
S:Spread 拡散

商品の写真をSNSにアップすることで「いいね!」がつき、ULSSASの循環が始まります

最初の入りである認知が重要になります、ここでコケると循環が始まりません

そこを手助けするのがホットリンクの事業になるんですね

三枚おろし理論

三枚おろしの基本的な考え方イメージ
出典:ホットリンク公式

三枚おろしは魚と同じ理屈でビジネスを三種類に分けてユーザーに合った具体的な施策を考える指標です

きっかけはなんと言ってもUGC、つまり『認知』です

指名検索があれば商品は自ずと広まりを見せる可能性がありますが、コモディティ商品には気をつけましょう

コモディティ商品とは

競合する商品同士の差別化が失われて価格や買いやすさだけを理由に購買される商品です

身近なものだとトイレットペーパーなどです

『これでお尻を拭けば一発で全て綺麗に拭き取れるんです!』なんてものはありませんよね

“商品ごとの差が無い”んです、つまり買いやすい近所の薬局や、特売で安い日に買うような商品は誰かのスイートにより購買意欲がそそられることは望めません

ぐっさん

理論がすでに完成されているので
収益に繋げる”実力”は申し分なさそうですね!

ホットリンクの将来性

SNSが賑わっている内は大丈夫

それではホットリンクの将来性についてですが、筆者の独断と偏見だらけなのでご了承ください

ホットリンクは今後5年は収益が伸びるのでは無いかと予想しています

Twitterやインスタグラムが築いた基盤は目を見張る物があります

Tictokが流行っても競合するインスタグラムが消えていくことはありませんでした

またTwitterは他が追随できないほどのユーザー確保をしており、さらにTwitterの収益化にも乗り出しています

少し前に出した記事ですがリンクを貼っておきますね

『手軽さ』『有効さ』『認知度』どれを取ってもTwitterは揺るぎないでしょう

そして今はまさに【副業ブーム】であり、一般人が収益化を目指すメディアを立ち上げる際、ホットリンクのようなノウハウは需要を伸ばしていくでしょう

スマホの時代が終わったら?

懸念しているのがスマホ時代の終焉です

Apple watchは衝撃を受けました、あれで大抵のことは解決するとさえ思えます

LINEのように文字で発信しなくてもいい時代がくると思いませんか?

メガネにスピーカーが内蔵された商品をご存じでしょうか?

ボイスでメッセージを相手に送る⇒メッセージをwatchで受けてメガネのスピーカーで再生⇒watchに話しかけてメッセージを返す

画面が欲しいときはタブレットを使用する

ぐっさん

iPhoneもポケットにギリギリ入るサイズまで大きくなってきました
そのうちiPadとApplewatchを持ち歩き、iPhoneが無くなる時代が来てもおかしくありません

画面を使うのがiPadメインになるとSNSよりYoutubeやNetflixのような動画に需要が移る気がします

ホットリンクがそうしたメディアの移行にうまく乗れればいいですが、波に乗り遅れた可能性も否めません

つまり、”時代物”の事業な面があるということです

まとめ

ホットリンクは副業ブームがきてSNSの需要が再拡大している今の時代にピタッと合った事業です

決算もポジティブ要素が多いので今後に期待です

ただしホットリンクは配当金などは出していませんので現状狙えるのはキャピタルゲインのみです

そこは注意が必要ですね

この記事は事業紹介メインです、投資する際は自己責任でお願いします

他にも企業紹介記事出しています、良ければ覗いてくださいね

それではこの辺で!

ブログ村応援してね!

SWELL公式HP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てと資産形成の両立を目指すサラリーマン
ストレスフリーな理想生活を夢見て
家のローンや奨学金返済、そして新幹線通勤と
多くの障害物に全力でぶつかっていく
リアルな一般社会人のブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる