【ハーバードの経営理論を超える】”人生のものさし”とは

ー自分の人生を評価するものさしは何ですか?ー

どうもぐっさんです

今回はクレイトン・M・クリステンセンの著書【イノベーション・オブ・ライフ】を紹介します

私はそれなりに自己啓発本を読んでいるんですが、この本から受けた衝撃は今のところ一番です

みなさんは『キャリア選択』『人間関係』『子育て』といった人生の大きな選択をして現在に至りますよね

あのとき、選択を間違えたなぁ・・・

あっちの選択をしておけばもっと幸せだったに違いない!

誰でも後悔はしたことがあると思いますが、なぜ、後悔してしまうのでしょう?

答えは簡単です、【あなたの中に人生を評価するものさし】が無いからなんです

この本を読めば後悔のない人生、幸せな人生に近づくことができます!

それでは早速みていきましょう!

目次

エリートだから幸せになれるわけではない

クリステンセンさんはどんな人?

まず知っておいてもらいたいのがクリステンセンさんについてです

クリステンセンさんはHBS(ハーバードビジネススクール)の人気の講師です

HBSとは世界最高峰と呼ばれるハーバード大学の経営大学院のことで卒業生を調べると”会長”やら”代表取締役”の字がずらっと出てくる経営の超超超名門です

著者であるクリステンセンさんは67歳で病気を患い亡くなってしまいました

本書はそんなHBSの人気講師であったクリステンセンさんの最後の授業を軸に書かれたものです

人生を踏み外すエリート達

クリステンセンさんは数多くのエリートを輩出してきました

しかし、生徒達は将来を約束されているであろうハーバード大学を卒業したからと言って必ずしも幸せにはなれなかったのです

その理由には『満たされない私生活』『過程の崩壊』『仕事上の葛藤』がありました

これらをきっかけに道を踏み外し、しまいには犯罪行為に手を染めてしまう卒業生も・・・

そこで今一度生徒に考えて欲しいとクリステンセンさんが上げた3つの質問

  • どうすれば幸せで成功するキャリアを歩めるか?
  • どうすれば家族や親しい友人達との関係を幸せのよりどころにできるか?
  • どうすれば誠実な人生を送り、罪人にならずいられるか?

これって理想を掲げただけと思うかもしれませんが自分自身に当てはめ考えてみたことはありますか?

私はありませんでした・・・今一度考えてみてください

そしてこれらを解決する”人生のものさし”を作る手助けとなるお話をしていきます

人生を評価するものさしを手に入れる

人生のものさし

それでは”人生のものさし”を手に入れましょう!

“人生のものさし”とは自分の揺るぎない価値・目的であり、全ての判断基準にすることができる指標です

その為にいくつかのエピソードをこれから紹介しますので自然に受け取ってみてください

人生の大半が決まる職業選択

職業選択をするときにあなたは何を基準にしましたか?

ほとんどの人は『お金』が安定して入ること、つまり収入面を重視したんじゃ無いでしょうか?

実際それは大事で間違ってはいませんが、そこには大きな罠があります

HBSの生徒達も金銭面重視で就職していく人が多かったのです

その理由として『稼いでローンを返済してから夢を追いかけます!』というのがほとんどでした

その卒業生達はローンを完済し、経済的に安定することができました!しかし当時言っていた『夢、追いかけます!』の誓いをどんどん先延ばしにしていたのです

先延ばししている間も収入はどんどん増え、家族はその収入の生活に慣れてしまい後には引けなくなっていました

そんな中「おれは仕事を辞めて、夢を追いかけるよ!起業する!!」と言い出せますか?

その頃には収入に見合うだけの大量の仕事を任せられ、こんな仕事をしたくないのに・・・と毎日ウンザリしながら仕事にいく人生になってしまうのです

自慢の子どもは自分の子どもなのか?

子どもは学ぶ準備が出来たときにしか学ばない

子どもに質のいい習い事をさせる事が良い親だと思っていませんか?

実はそれは大きな間違いで、子どもは『もっと上手くなりたい』『これをやっている時が楽しい』と自発的にならなければ学ばないのです

スクールで専門的知識をもったプロに教育を頼めばある程度の技術は身につきますが、それは”答え”を学んでしまっているので、子どもが成長する為の”過程”を飛ばしているのです

それにプロの教育ばかり受けている子は本当に自分の子どもでしょうか?

名門のスポーツクラブに子どもを通わせてメダルを獲得して一番喜んでいるのは親なんです

子どももメダルを貰ったときは喜びますが、いつしかメダルは部屋の片隅に追いやられてしまいます
それは子どもが自ら考え、試行錯誤し掴み取った物では無いため、達成感などの思い入れが弱いからです

子どもが学ぶ準備ができた瞬間に近くにいて、その手助けをしてあげるのが親の役目なんです

100%守る方が98%守るより容易い

この一度だけ

みなさん経験ありますよね、今年はこれを頑張る、今日からこれを継続する

自分の決め事が崩壊する時は決まって『この一度だけ』をした瞬間です

実は一度でもルールから逸脱すると、それは修復することができません

しかし落ち込むことはありません、100%守れないルールは自分の中で納得しきれていない部分が潜在しているのです

自分の中で『これは最高に価値のある事だ!これを心情にしていく!』と納得できるものであれば100%守ることは案外容易いのです

しかし価値ある目的は偶然生まれることはありません、試行錯誤の末にたどり着きます
そして成功者たちは驚くほど明確な目的を持っています

  • Amazonのジェフベゾス氏は『選択肢はより多く、価格はより安く、配達は迅速で確実に』の三要素を顧客が変わらず求め続けるものと定義し、現在の経営を作り上げ成功を収めました
  • Appleのスティーブ・ジョブス氏は『シンプルさは究極の洗練だ』と発言し、まさに革命と言えるiPhoneを世に生み出しました

いわゆる『成功者』と『一般人』の違いは明確な意思を持っているか?これなんです

人生のものさしは何度でも作り直せる

自分の”人生のものさし”についてイメージがほんのり浮き上がったでしょうか?

人生のものさしがあれば大きな選択肢に迫られた時も迷わず判断することができます

あとはモヤの掛かったイメージと向き合い、自分の理想的な人生のものさしを作りましょう

人生のものさしは自分で描くからこそ価値があります
自画像は何度だって捉え直していいのでじっくり考えて見ましょう

まとめ

今回はクリステンセンさんの『イノベーション・オブ・ライフ』について紹介しました

この記事で紹介しきれていないエピソードも数多く紹介されていて、人生のものさしの価値について学ぶことが多い一冊となっています

リンクを貼っておくので興味のある方は是非ポチってみてください

他にもいろんな自己啓発本を紹介しています、ぜひみなさんのお時間を少しいただき読んでいただければ嬉しいです

この記事がみなさんの人生をより豊かにすることを願っています

それではこの辺で!

ブログ村応援してね!

SWELL公式HP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てと資産形成の両立を目指すサラリーマン
ストレスフリーな理想生活を夢見て
家のローンや奨学金返済、そして新幹線通勤と
多くの障害物に全力でぶつかっていく
リアルな一般社会人のブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる