【所得税】給料の金食い虫

ご訪問ありがとうございます

ぐっさんです!

みなさんは自分の給与明細の中身確認していますか?

総支給額を見ると結構もらってると喜んでも

手取りの給料を見て落ち込むことあるんじゃないでしょうか?

僕たちの給料の金食い虫である【所得税】ってそもそも何者??

というテーマでこの記事では説明していきます

目次

所得税とは

僕たちが仕事をして得た収入には税金がかかります

1月1日から12月31日の1年間が適用範囲となります

収入とは仕事の収入だけではなく

  • 金融口座の利息
  • 投資の利益
  • 副業の利益

等々、収入があると所得とみなされ所得税がかかります

そして所得税に採用されているのが累進課税です

課税所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195~330万円以下10%9万7500円
330~695万円以下20%42万7500円
695~900万円以下23%63万6000円
900~1800万円以下33%153万6000円
1800~4000万円以下40%279万6000円
4000万円超45%479万6000円

例えば所得が195万円以下なら税率は5%ですが

~330万円以下なら税率は10%となります

と言うように所得が増えるにつれて税率も上がっていく仕組みです

所得の種類

所得は全部で10種類もあります

  1. 給与所得:給料です→収入金額ー給与所得控除額
  2. 事業所得:農業やフリーランス等→収入金額ー必要経費
  3. 不動産所得:不動産の収入→収入金額ー必要経費
  4. 譲渡所得:投資信託等の資産の売却→収入金額ー(取得費+譲渡費用)-50万円
  5. 利子所得:金融口座等の利子→収入金額=利子所得
  6. 配当所得:株式等の配当金収入→収入金額=配当所得
  7. 山林所得:山林の売却所得→収入金額ー必要経費ー特別控除
  8. 退職所得:退職金や確定拠出年金等→収入金額ー退職所得控除×1/2
  9. 一時所得:保険満期金や賞金等→収入金額ー費用(保険費など)ー特別控除
  10. 雑所得:どれにも当てはまらない所得:収入金額ー必要経費(公的年金等控除額)

【所得税】と【住民税】の違い

この2つの大きな違いは

  • 所得税:国に納める国税
  • 住民税:都道府県や地方自体に納める地方税

分かりやすいところだとふるさと納税は住民税に控除がかかりますよね?

確定申告をすることで所得税にも控除がかかるのは確定申告は国(国税庁)に提出するものだからです

他にも違いがありますが下記にて説明します

会社員と個人事業主の違い

会社員と個人事業主では大きな違いがあります

これはどのお金に関する本でも説明されているところです

所得とは収入を得るために掛かった経費を差し引いた額のことです

会社員とは給料をいう形でお金をもらうので経費はありません

しかし個人事業主は住居や車、その他もろもろを経費として計上することで所得税を下げることができます

※あくまで仕事にその出費を絡めないと違反です

その為、会社員の所得税は給料から天引きされているのに対し

個人事業主は翌年の3月15日までに一括納付をします

税額の計算方法

ここまで簡単に説明してきましたが

所得税は一年間の収入に税率を掛けただけでは算出できません

~計算の流れ~

一年間の収入に対して給与所得控除(必要経費)を差し引きます

その額が所得となります

この給与所得控除とは会社員の衣服費などを経費とみなし計上するものです

下の表が一覧です

給与収入額控除額
162万5000円以下65万円
~180万円以下収入金額×40%
~360万円以下収入金額×30%+18万円
~660万円以下収入金額×20%+54万円
~1,000万円以下収入金額×10%+120万円
1,000万超え220万円

次に所得から所得控除を差し引きます

それが課税所得です

所得控除とは配偶者控除とか社会保険料控除などです

課税所得に対して所得税が掛かります

もう一度まとめると

一年の収入に対して給与所得控除を差し引いたのが所得

所得に対して所得控除を差し引いたのが課税所得

課税所得に所得税が掛かる

となります

課税所得が算出できたら控除額を下の表で割り出します

課税所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195~330万円以下10%9万7500円
330~695万円以下20%42万7500円
695~900万円以下23%63万6000円
900~1800万円以下33%153万6000円
1800~4000万円以下40%279万6000円
4000万円超45%479万6000円

ここまできたらやっと所得税の計算です

課税所得額×税率ー控除額=所得税額

まとめ

大体把握していたけどここは知らなかったと言う内容はありましたか?

少しでもみなさんの役に立ったのであれば幸いです

豆知識としてこの税金制度は外国で実用されたのが起源です

政治のお金が必要だけどどうやって集めるか?

そこで頭のいい策士が

『みんなから税金取るけど、お金持ちからはよりたくさん税金をもらう制度にするよ!』

累進課税の始まりですが、お金持ちにたくさん払ってもらうという文言で全員から税金をもらうことのイメージを薄くしたのです

国民がそれを良しとしたら税金制度は消えません

現代まで少しずつ税率を上げながら私たちの給料を蝕んでいます

みなさんも身の回りのことを考え直してみましょう

タバコを吸っている人に対して『税金いっぱい納めてもらってるから』と言ったことないですか?

確かに喫煙者は多く税金を納めているかもしれません

しかしみなさんにメリットはあるでしょうか?

本当に大切なのはみなさん自信のお財布事情ですよね

他の人がたくさん税金を納めてるから自分は得をしているという錯覚を捨てましょう

そして自分の資産を守る力を身につけて素晴らしい未来を掴み取りましょう

それでは今回はこの辺で

ぐっっっっ👌

ブログ村応援してね!

SWELL公式HP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てと資産形成の両立を目指すサラリーマン
ストレスフリーな理想生活を夢見て
家のローンや奨学金返済、そして新幹線通勤と
多くの障害物に全力でぶつかっていく
リアルな一般社会人のブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる