【奨学金】は早く返すと返済額は減らせるのか?

ご訪問ありがとうございます

ぐっさんです

今の日本では「とにかく大学は出よう」という独自の文化が根付いてきています

何を隠そう私もその1人です

結局大学の四年間は遊び倒してやりたい仕事も見つけられずとりあえず大きい会社に就職したわけです

そこで今回は大学に行った人の大半は利用するであろう

奨学金、早く返した方が得なのか?

というテーマで書いていこうと思います

結論から言うと断然得です!

それでは見ていきましょう

目次

奨学金の種類

奨学金には第一種と第二種という2種類があります

私は個別指導をちょうだいする程適当な生活をしていた為か第二種です

第一種を夢見ましたが無理でした

登録時期によって利率は変わると思いますが私は年利率0.65%利率固定方式です

どれくらい得するのか

第一種の人は金利が無いので早期返済しても変わりません

しかし第二種の人は繰上返還した期間の金利が無くなります

ぐっさん

細かい説明はいらん!
結果だけ教えてくださいな!!

と言う方は『まとめ』を読んでくださいね

日本学生支援機構のHPにある繰上返還例を引用します

  • 借用金額:1,200,000円
  • 年利率:1.93333333%
  • 返還回数:144

この条件で35~43回目を繰上返還したとします

これちょっと分かりにくいので補足しますね

35~43回目まで繰り上げ返済するのは『34回目の支払いの時』になります

つまり34回目の支払いは通常の利子付返済です

これに+αで『35~43回目の返済額』を上乗せする形になります

それでは比較しましょう!

通常返還

通常返還した場合の金額は94,230円です

計算方法は利率をかけた額をそのまま足した数値となっております

繰上返還

次に繰上返還です

まず34回目は通常の返還となるので=9,423円です

35~43回目は利子が掛からないので=71,260円です

9,423+71,260=81,043円

通常返還と比較すると13,000円も安くなっていますね

どんな計算をしているのか

ここでHPの表を引用します

引用 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/kuriage/kuriagerei.html[/caption]

今回の条件は年率1.9333333%になります

表の残元金941,206円に年率をかけます

941,206円は34回目の支払いが終わった時点の残元金です

941,206×0.1933333≒18,196円

この金額が年間で払う利息ということになります

つまり月々は『÷12』ですね

18,196÷12=1,516円

35回目の支払い時にかかる利息は1,516円ということになります

毎月細かい計算しているんですねぇ~

まとめ

今回の記事で繰上返還すればいくらお得になったか分かったかイメージは付きましたか?

残元金が少なければ少ない程利息は少なくなります

将来の為に奨学金の繰上返還を考えてみてはいかがでしょうか?

この記事がみなさんの資産形成に少しでも役立てば嬉しいです

それではこの辺で

ぐっっっっ👌

ブログ村応援してね!

SWELL公式HP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子育てと資産形成の両立を目指すサラリーマン
ストレスフリーな理想生活を夢見て
家のローンや奨学金返済、そして新幹線通勤と
多くの障害物に全力でぶつかっていく
リアルな一般社会人のブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる